慰謝料請求 答弁書に対する反論する準備書面⑧

第2回口頭弁論の予定日の1週間ほど前に裁判所から書類が届きました。 中には「準備書面」と書かれたA4で5枚の書類。 作成は原告の代理人である弁護士です。 ゆっくりと目を通して確認して行きます。 内容は簡単に言うと、前回私が作成した「答弁書」に対す…

調書の文面内容と履行勧告①

前回の「つぶやき」で書いた子供への手紙ですが、元相方の「受取拒否」で郵便局から戻って来ました。 それに対し「自分が出来る事はしよう」と言う思いで裁判所に「履行勧告」を要請しました。(電話をして約束が守られてない旨を説明しました。) www.yamap…

慰謝料請求 調停も大変だけど裁判は更に大変⑦

第1回目の口頭弁論が終了して第2回目の口頭弁論の日時は約2ヶ月後に決定しました。 訴状が届いてから3ヶ月後です。 調停も裁判もとにかく時間が掛かります。 ここまでの経緯と私が行った対応は以下になります。 ①2018年5月中旬に裁判所より「訴状」が届く。 …

慰謝料請求 法廷 そこはテレビドラマの世界⑥

答弁書を指定された期日迄に裁判所と原告の弁護士に郵送で送りました。 そして、初めての裁判に臨みます。 相手方から訴状が提出されて約1ヶ月後でした。 自分の指定された法廷(裁判の行われる部屋)には10分ほど前に到着しました。 法廷の部屋番号プレート…

受け取り拒否 戻ってきた子供へのお祝いの手紙

2019.7.2 前回の「つぶやき」で書いた子供への手紙ですが、元相方の「受取拒否」で郵便局から戻って来ました。 封筒は封をされたままで、中を確認さえしていません。 封筒の中には以下のものを入れていました。 ①誕生日を迎える子供へのメッセージのはがき一…

子供の誕生日 お祝いの手紙

6月下旬が子供の誕生日になります。 最後に会ってから4年が過ぎています。 子供に会いたいのですが、元相方が断固拒否しています。 何度もブログの中で書いていますが、4年間、一度も会っていません。 「声」すら聞いてません。 元相方も子供の様子は何も教…

子供に4年間も面会出来ない状況 そこに届いた手紙②

(続) 一方的に子供に書かせたであろう「毎月6万円下さい」がどうしても理解出来ません。 もしかしたら本当に塾に行くのかもしれません。 けどせめて元相方から 「こんな塾に行きたいと子どもが言っている」 「この習い事とこの習い事で月にこの位のお金が…

子供に4年間も面会出来ない状況 そこに届いた手紙①

本日は2019年6月初旬です。 タイトルの通りですが最後に子供に面会してから4年が経ちました。 最後に会ったのが保育園の時でしたので、もう小学生になっています。 今現在、子供との状況、関係は以下の通りです。 1、子供は近県に住んでいる。車で1時間の距…

慰謝料請求 答弁書の作成⑤

訴状を提出されたので、それに対する自分の意見をまとめて相手に伝える必要があります。 その書類が答弁書なります。 *答弁書の細かい意味はネット検索してくださいね。 私は今まで5度の調停を弁護士は雇わず自分で書類作成等をして対応してきました。 今…

慰謝料請求 証拠としての「病院の診断書」④

前回は「一瞬の暴力」が「夫婦喧嘩の範疇」になった事を書きました。 今回は訴状と一緒に同封されていた「病院の診断書」に付いて。 訴状には「証拠説明書」と言うものが同封されていました。 これは原告が「いかに貴方から精神的な苦痛やモラハラを受けたか…

慰謝料請求 一瞬の暴力に付いて③

前回「どっか行けよ!ウザいよ!」等言葉のやり取り内容を記載しました。 実は他にも数点のポイントがあったので少しずつ書く事にしました。 きっとこんな事例がどう扱われるかを知りたい人は一杯いるだろうと。 ブログを始めたきっかけが悩んでる人の参考に…

慰謝料請求 答弁書の作成準備の為に当時の記憶を思い出す②

訴訟を起こされ自分に非がないと思っている以上、全力で対応しなければなりません。 まず最初に答弁書を作成しますが、まずは「相手方の言い分」を「訴状」の内容を繰り返し読んで確認します。 訴状には「いかに相手からモラハラを受けたか」が一方的に書か…

慰謝料請求 初めての裁判はじまる①

2015年上期から2017年下期までの約2年半の間に元相方と5度の調停を行いました。 すべて協議離婚をした後での案件でした。 この5度の案件で正式に決まった事は2つ。 ①「養育費」 ・子どもが成人するまでの期間毎月3万円の振込みをする。 ②「子どもとの面会交…

ほぼ1ヶ月振りの更新です。

本日は2019年5月10日です。 前回の控訴審の判決が出てから約1ヶ月振りの更新です。 www.yamapiroom.com 判決が出て精神的に「ほっ」っとしたのと、プライベートの件で早急に対応したりする事が多くて手が止まってしまいました。 またGWは10連休でしたが、…

2度目の裁判終わる 控訴審判決⑦

先日、元相方から控訴された精神的モラハラを理由にする慰謝料請求の判決が出ました。(2019年4月中旬の事です) 私が想像した通りの結果になりました。 ①控訴人(元相方)の請求は棄却する ②裁判費用は控訴人の負担とする 簡単に言うと元相方の主張(私から…

妥協に妥協 けど小さな一歩 面会交流調停の結末③

私は控室に戻り調停委員の方から言われた妥協案的な発言に苛立ちを覚えていました。 言葉は悪いですが「打つ手が無くなって話をまとめに来てる感」がみえみえのアドバイスだったからです。 しかし15分程すると少し気持ちが落ち着いて来ました。 実際、どんな…

「子どもが会いたくない」言ってる言われたらお手上だよね 面会交流②

私は自分の言いたい事はすべて調停委員の方にお話して控室で待機していました。 その間に再度自分の頭の中を整理します。 ①元相方の性格からして既に養育費は調停で確定しているも「子どもに会わせるなら一括で養育費を払って欲しい」と相変わらず主張するは…

面会交流調停を再度申し込む 5度目の調停はじまる①

2017年上期に4度目の調停(養育費)が終了しました。 一つの案件が決定するまで約2年も掛かってしまいました。 相手方の欠席があったり、相手方の取下げがあったりと「振り回された」感じです。 そしてこの調停が終わって約2ヶ月後に私から「面会交流」の調…

調停委員の方の発言はあくまで参考程度に 自分の意見を持って

調停を進めて行く中で調停委員の方のアドバイスなどを聞いていると「私の考え方が間違っているのかな?」「ここはアドバイスを聞いた法が良いかな?」と一瞬悩む時があります。 けど、これは本当にケースバイケースで何が正しいのか誰にも解りません。 ただ1…

押したり引いたり 駆け引きも重要 調停を有利に進める為に

私は学生時代に法律を専攻していたので「調停」の趣旨は理解していました。 しかし、それは今からもう30年近くも前の話。 なので元相方から起こされた「慰謝料」の調停に臨むにあたり、ネット等で再度内容の確認をしました。 これは私が実際の体験を通じで「…

調停を有利に進める為には 調停委員の方を味方に引き込む

自分が初めて調停に臨む時に色々と考えました。 「どうしたら調停を自分有利に進められるかな?」と。 身の回りに調停の経験者がいれば「アドバイス」を貰えたかもしれませんが、私の回りにそのような人はいませんでした。 正確に言えば居たかもしれませんが…

今年も中途半端で終わってしまった NHK「ラジオ英会話」

私、いつもは調停やら裁判のことしか書いてないのでたまには気分転換に。 ブログだし好きな事もたまに書かないとね。 私、前の仕事の関係で少しだけ英会話を勉強したのですが、3年ほど前に「頭の体操」として英語の勉強を再開しました。 自分で無理なく続け…

調停の成立 養育費調書の作成③

こうしてやっと「養育費」の問題が解決しました。 調停委員の方より「内容を読み上げて確認したいので、申立人の方と同席出来ますか?」と聞かれました。 「元相方は私と同席して構わない」との事でした。 私は少し悩みました。 「向こうは金額が少なくなっ…

養育費の確定 月に3万円 本当はもっと払ってあげたいけど②

今回が4度目の調停となり、案件は先方から申し立てられた「養育費」になります。 この案件は支払う私自身も「将来的に子どもの事を考えて」書面で残すべきだと思っていました。 なので、自分なりにネット等で調べて事前に過去2年分の源泉徴収票と直近数ヶ月…

しかたなく養育費を一時的に減額 4度目の調停始まる①

2016年度中期に3度目の調停(慰謝料)が終了しました。 結果はカテゴリー『3度目の調停』に。時間ありましたら参考にしてください。 結局、過去3度の調停はお互いに時間を無駄にしました。 特に元相方は時間だけでなく、お金も大きく浪費するだけの結果。 い…

初めての調停 当日の基本的な流れ

スムーズに進めば調停期日通知書が届いてから約1ヶ月後に調停日を迎えるはずです。 調停内容によっては控室に行く前に受付を済ます場合もあるようですが、私が体験した「養育費」「面会交流」「慰謝料」の調停はすべて直接控室に向かい待機するように指示さ…

慰謝料調停を終えて 相手方の弁護士費用20万を考える⑤

こうして3度目の調停、元相方からの慰謝料請求は先方の取下げと言う形で突然終了しました。 元相方は過去3度の調停のうち2度の調停で代理人として弁護士を雇っていました。 その実際の費用は幾らか解りませんが、おおよそ20万円だと思います。 この費用は決…

取り合えず養育費は請求するべきと思っています。無駄にはならいと。

夫婦間の関係に亀裂が入るとお互いに離婚をするのが最優先となり「養育費」「面会交流」などの取り決めが十分でないケースも多々あると思います。 私の場合も協議離婚の後に「養育費」を調停で決めた経緯があります 。 さて多くの場合は親権者は女性がなり、…

一人で臨んだ調停、裁判の体験記

はじめまして山ピーです。 2018年12月中旬よりブログを初めた40代後半の男性です。 小学生の子供が一人いますが元相方と一緒に生活しています。 2015年の協議離婚後に「慰謝料」「面会交流」「養育費」に関連して5度の調停を経験しました。 1度の調停に付き…

相手に欠席されるとどうにもならない 調停のデメリット

調停にメリットがあるようにデメリットも当然にあります。 1、「相手に欠席されるとどうにもなりません」 もう、これにつきます。私も数回経験しています。 自分が申立人(不服があって調停を起こした側)の時も、相手方(調停を起こされた側)の時もありま…