慰謝料300万、養育費5万円、親権の確認 調停の通知①

f:id:yamapiroom:20190806170444j:plain

こんにちは山ピーです。

私は過去に5度の調停と2度の裁判を経験しています。

2015年に協議離婚をしましたが、お互いに顔を会わすのも嫌な状況になっており、細かい決め事をしないまま離婚、別居生活となりました。

当時の口約束は以下の2点で、書面でのやりとりはしていませんでした。

①子供への養育費は収入に見合った金額を払う。

②子供には月に一度会う機会を設ける。

私は算定表に基づき月に4万円の振込みをしていました。

面会交流に付いては残念ながら離婚後に1度だけ実施されただけで、その後は数ヶ月間会わせて貰えない状況が続いていました。

当時の心境としては「お金は毎月払っているのに、月に一度の面会交流を破るなんて話が違う。」と悩んでいました。

そんな時に裁判所から一通の封筒が届きました。

中には「調停期日通知書」と「申立書」と言う書面が入っていました。

「調停期日通知書」には「〇月〇日〇時に裁判所に来て下さい」等の事務的な事や裁判所へのアクセス方法が記載されていました。

「申立書」には相手方が調停で話し合いたい内容が書かれていました。

それは「親権は元相方とする・養育費は月に5万・慰謝料300万」の3点。

そしてその書面には「申立ての理由」を選んで〇を付ける部分がありました。

その選択内容は13個。

 1 性格があわない

2 異性関係

3 暴力をふるう

4 酒を飲みすぎる

5 性的不調和

6 浪費する

7 病気

8 精神的に虐待する

9 家族をすててかえりみない

10 家族と折合いが悪い

11 同居に応じない

12 生活費を渡さない

13 その他

私の場合は「4の酒を飲み過ぎる」「8の精神的に虐待する」「10の家族と折合いが悪い」の3項目に〇が付いていました。

これを理由として「親権は元相方」「養育費は5万円」「慰謝料300万円」を請求してきた訳です。

 

実は私、もう25年以上前の事ですが学生時代に法律を専攻していました。

なので「この内容では慰謝料なんか発生しないな」と直ぐに感じました。

最近はDV、モラハラが原因で慰謝料も発生するケースもあるみたいだけど、今も昔も慰謝料の主な原因と言えば「浮気」です。

それに私はモラハラ等をした自覚はありませんでした。

時に喧嘩をしたのは認めますが「夫婦喧嘩の延長」との感覚でした。

なので 浮気をした訳でもないのに 「慰謝料請求って、おかしくないかな?」

しかも300万円です。

ただ、私は法律の専門家では無いし、自分の行動も本人の主観で見ています。

なので学生時代の記憶を辿りながら、かつネットで色々と情報を集める事にしました。

 

 最後まで読んで頂きありがとうございます。

*2019年7月一部内容更新