控訴審 高等裁判所からの連絡① 

 

f:id:yamapiroom:20190124145713j:plain

こんにちは山ピーです。

数日前、午前11時過ぎにスマホがなりました。

着信画像を見ると裁判所 東京高等裁判所民事」と表示されています。

嫌な予感は的中。

元相方が起こした「再審請求」の連絡でした。世間一般的に言う「控訴」です。

さて控訴と言う事なので、過去の慰謝料裁判の判決が不服と言う事ですよね。

その一審の裁判は元相方からの慰謝料200万円の請求でした。

主張は「DV、モラハラ、精神的虐待」でした。

結果は前にも少し触れていますが「元相方の請求は棄却」「裁判費用は原告の負担とする」と言う判決が2018年末に出ています。

ようは「夫婦喧嘩の範疇」と言う判決でした。

 それに対して多額の弁護士費用を掛けたのに「納得出来ない!」と言うことでしょうね。。。。

 けど、また裁判費用と「弁護士費用が無駄になるだろうな~」と私は思っています。

なお、今回も私は一人で裁判に臨みます。

 最後に電話を切った後、私、思いました。。。

「もう調停も裁判もマジで時間掛かるし精神的に疲れるから、勘弁して欲しい・・・・」

「けど、自分に非が無い以上は認める訳にもいかない!」

 

このブログは私が過去に経験した「5度の調停と慰謝料裁判」の結果を「自分の記録」として、または「自分の経験が同じような悩みを抱えている人の参考になるかな?」と思ってはじめました。

まさか、リアルタイムで書くことになるとは思わなかったです。

2019.1.24作成

 

読んで頂きありがとうございます。 ブログランキングに参加しています。

宜しければクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村


DV・モラハラランキング