控訴人からの控訴理由書と答弁書④

 

f:id:yamapiroom:20190124145713j:plain

こんにちは山ピーです。

本日は現在進行形の話です。

昨年末に元相方から起こされた「精神的苦痛に伴う慰謝料請求」の判決が出たのですが、相手方が不服との事で控訴されました。

「控訴されました①~③」の続きになります。

 

yamapiroom.hatenablog.com

 

さて先日裁判所からその書類が届いたのですが、封筒の厚さにまずビックリしました。1センチはあります。

「いったい何が入っているの?」と封筒を開ける前からドキドキします( ̄▽ ̄;)

入っていたのは弁護士が作成した控訴理由書、元相方の作成した答弁書、証拠証明書。

もう読むだけでも大変です。

A4サイズで50枚くらいかな。

シッカリ読むと軽く30分は掛かりました。

けど内容的には前回と同じ様な主張の繰り返しと感情論が中心でした。

一言で言えば「一審の結果に納得出来ません」です。

私が見る限り新たな証拠と言えるものは何も無く相手方の請求は棄却されると思います。

 

今回も元相方の主張する精神的苦痛は「夫婦喧嘩の範疇」と判断されると思います。

慰謝料が発生する要件っていくつかあるけどモラハラ、特に精神的な苦痛の場合は立証が難しいと思います。

ちなみに私達の場合はお互いに相手からモラハラを受けたと主張しています。

そしてお互いに証明出来る証拠も少ないです。

お互いに「言った言わない」の繰返し。

なので尚更「夫婦喧嘩」に見えるかもしれません。

けど、念には念を押して反論書を作成して対応しないと。1日掛かるだろうな( ̄▽ ̄;)

2019年2月9日作成

 

読んで頂きありがとうございます。 ブログランキングに参加しています。

宜しければクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村


DV・モラハラランキング