一切前に進まず 申し立てを取下げ 調停不成立⑦

f:id:yamapiroom:20190123193340j:plain2度目の調停ですが12月下旬に3回目が実施されました。

元相方は「とにかく一括して」「ある程度のまとまった金額」での養育費を主張してきます。

それに対し私は「子どもに全然会わせて貰っていない」「様子も教えて貰っていない」「そんな状況で一括なんて無理」の繰り返しです。

年内に何とかなると思ったけど、相手方は弁護士まで雇うしお互いに譲歩しません。

調停委員の人に自分の言いたいことを主張するも「本人と話している訳ではないので全然先に進みません」

ぶっちゃけ正直「もう精神的に疲れた。。。」「しんどいな。。。。」「もういいや。。。」みたいな感情が沸いてきます。

「元相方は俺にはアレコレうるさく言ってたけど、子どもには優しかったから、子どもは彼女に任せても大丈夫だよな」と自分に言い聞かせてみたり。

ちなみにこの時期はクリスマスが近かったので「子どもにプレゼントをあげたい」との手紙を送っていましたが、それも無視されてしまいました。

その代わり相手の弁護士から「調停中なので、直接本人への連絡はご遠慮ください」と言う内容の手紙が届きました。

もうまさに「子どもを人質に取られている」「何をやっても前に進まない」と言った感じです。

3回目の話し合いも結局時間だけが過ぎ何の成果もありませんでした。

調停委員の人から「次はいつにしますか?」と問われました。

「もういいです。申し立てを取り下げます」私、そう答えました。

本当、精神的に疲れきってましたし、こちらが「子どもに会いたい、会いたい」と言えば言うほど、自分の立場が弱くなるような気もしたんですよね。

「取下書」と言う書面に日付を書き、自筆で名前を書き、拇印を押しました。

こうして2度目の調停はクリスマスイブに終了しました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。