初めての調停 調停期日通知書が届いたらどうする? とにかく落ち着きましょう。

それは突然に裁判所から送られてきます。

裁判所からの書類なんて普段の生活で見る機会なんてないですもんね。

当然に「ビビります」「焦ります」「封筒を開けながら胸の高鳴りを感じます」

もし家に家族がいたりして「深夜に仕事から帰宅したらテーブルの上に置いてあった」なんてシチュエーションだってあると思います。

実際これは私が経験したパターンで親族に調停を起こされたのを知られてしまいました。

 

さて話を戻しますが、もう書類が届いたら「落ち着くしかありません( ̄▽ ̄;)」

どのような内容の申立てか一呼吸入れて確認してください。

この段階での申立内容はあくまで「相手方の主張」です。

殆どの場合その内容は一方的な内容で、もし慰謝料請求などの場合は相場より高い金額を請求してくるはずです。

もしそれに納得出来ないのであれば、しっかりと自分の意見、事実、主張をすれば良いので、とにかく焦らないようにしましょう。

次に調停期日を確認します。

第一回目の期日は「貴方の予定を一切考慮しないで送られてきます」

おおよそ書類が届いた1ヶ月後位に設定されていると思います。

そして調停は平日にしかやっておりません。午前に一つの枠があって、午後には二つの枠があります。そのどれかの枠が指定されているはずです。

私の場合はある程度時間調整が出来る仕事でしたが、9時~18時勤務の会社員には厳しい時間帯が多いと思います。

調停は1度で終わることは希なので数か月は、仕事を休むなり早退する事になると思います。

会社の同僚に「俺、元相方から慰謝料の調停起こされたから仕事休むよ」なんて言えないから仕事休むの大変ですよね。

ちなみに、一回目の調停期日に参加出来ない場合はその旨を裁判所に伝えれば違う日程を検討してくれます。

間違っても「相手の主張があまりにも常識外れで相手にしたくない」と言う気持ちでも「無視」だけは避けましょう。

後々の調停で調停委員からの印象がマイナスになる可能性もあります。

もしこれが調停ではなく裁判、訴訟案件なら「相手方の主張を認める事になってしまいます。」

また希に裁判所からの通知の前に相手方の代理人、弁護士より「内容証明郵便」などで書類が届くことがあると思います。

これは「このような内容で調停を申し込みましたよ」と事前報告のような内容だと思って下さい。

私の場合には弁護士事務所に所属するであろう弁護士全員の名前と大きな「印」が押されていました。

その数15人でした。

相手方の弁護士も仕事なのでプレッシャーは掛けてきて当然だし、精神的につらくなる時もあると思います。けど、冷静に考えれば自分一人でも対応可能だと思って下さい。

 

読んで頂きありがとうございます。 ブログランキングに参加しています。

宜しければクリックお願いしますm(__)m


にほんブログ村


DV・モラハラランキング