養育費を一時的に減額 4度目の調停始まる①

f:id:yamapiroom:20190322150732j:plain

2016年度中期に3度目の調停(慰謝料)が終了しました。

結局、過去3度の調停はお互いに時間を無駄にしました。

特に元相方は時間だけでなく、弁護士費用でお金を大きく浪費するだけの結果。

いまだ「養育費」「面会交流」の問題が解決していません。

当時の状況としては養育費は算定表に基づき自主的に4万円を月末振り込み。

もう既に子どもに会えない期間は丸2年を経過。

そのような状況の中で私は定期的に「月に一度位は子どもに会いたい」と簡単な文面を相手方に郵送していました。

そして、それに対する相手方の返事は「警察への電話」でした。

ようは「私の手紙がプレッシャーになるから止めて欲しい」と警察に電話をしたんですね。 

もうこうなってくると、どうにも手の打ちようがありません。

自分からは何のアクションも起こせない状況です。

相手方にアクションを起こすように差し向けるしか方法はりません。

いたしかたなく私が取った行動は「養育費を少なく振り込む」と言う行動でした。

これは苦肉の策でした。

具体的には金額を2万円をマイナスして月に2万円の振込みにしたんです。

そうする事によって「相手方から何らかのアクション」が来ると思ったからです。

「子どもには申し訳ない」と言う気持ちで一杯でしたが「定期的に会わせない相手方が悪い」と自分自身に言い聞かせました。

そして金額を減らしてから相手方から連絡が来たのは約半年後でした。

しかもまた「調停」と言う形でした。

申立書には「勝手に金額を減らされた」と書いてありました。

「勝手も何も」と思いましたが、形はどうあれ「話し合いのテーブルにつける」と言う当初の目的は達成しました。

期日は約1ヶ月後です。

 今回の調停は相手方から起こされた「養育費」の案件でしたが私は調停の中で「面会交流」もセットとして話す事にしていました。

相手方が協力するかは解りません。

もし協力が得られないなら改めて「面会交流」の調停を起こすことになります。

そのような気持ちで4度目の調停に臨むことになりました。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。