雨のち晴れ

過去5度の調停と2度の慰謝料裁判の経験を中心にブログをはじめました。少しずつですが、調停や裁判の一般的な流れを体験を入れながら書いてます。

慰謝料請求 初めての裁判はじまる①

 

f:id:yamapiroom:20190510131817j:plain

2015年上期から2017年下期までの約2年半の間に元相方と5度の調停を行いました。

すべて協議離婚をした後での案件でした。

この5度の案件で正式に決まった事は2つ

①「養育費」

・子どもが成人するまでの期間毎月3万円の振込みをする。

②「子どもとの面会交流」

・私が年に4回子供に手紙を送る。

・元相方は子供の写真を年に数回私に送る。

・子どもが私に会いたいと言ったら「それを妨げない」と言った内容。

これだけ見ると「金額も少ないし、面会交流と言っても面会出来てないよね?」と思われる人もいるでしょう。

けど、過去のいきさつでこれが私に出来る当時(2017年下期)のベストチョイスだと思っています。

そしてこれとは別に相手方に「精神的なモラハラ」を理由に慰謝料請求もされました。

この件に付いては、私も自分の受けた精神的苦痛を書面等で主張。

結果、相手方の弁護士の判断で申立ての取下げとなっています。

そのような状況だったのでもうこれ以上のトラブルが発生する理由もなく、日々平凡な日常を過ごす毎日でした。

しかしそんな生活も一通の郵便物で大きく状況が変わりました。

それは裁判所からの封筒でした。

「今度は何だろう。。。。」と思い封を切り中身を確認。

それは元相方から「慰謝料請求」の裁判が起こされました、と言う内容でした。

 

「またかよ。。。」私の正直な感想でした。

 

「過去の2度の調停で慰謝料を請求してきたけど、最終的には自分に不利だと思って取下げしてるのに何で無駄な事するの。。。」

そう思いながら書類を上から眺めていきます。

タイトルは「第1回口頭弁論期日呼出状及び答弁書催告状」

同封された資料には「訴状」「訴訟委任状」「証拠説明書」「甲号証写し」が。

まず「訴状」と言うのは凄く簡単に言うと「私は貴方にこんな事をされて、こんな苦痛を受けました。なので慰謝料200万円請求します」と言った内容の事が書いてあります。

枚数にしてA4用紙で6枚。その内容は一言で言うならば「いかに私が酷い事をしたか」と言う事が延々と書かれています。

内容はどうであれ、もう一回目の出廷日も約1ヶ月後に決まっていますし、訴状に対して「答弁書」と言う反論文を期日までに提出しないとなりません。

でないと自分に非があると認められて不利になる可能性があります。

 

前回の調停が終了してから既に半年が経過しています。

「元相方は生活が苦しくてとにかく言いがかりをつけてでもお金が必要なんだろうな」

と事情は解ります。

しかし、自分に非が無いと思っている以上、全力で対応する事に決めました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。